体臭とお酒の関係

やっぱり飲み過ぎは良くない?体臭とお酒の関係とは?

 

お酒を飲むと口臭がきつくなりますよね。

 

酔っ払いの人にぐっと顔を近付けられると
思わず顔を背けてしまいます。

 

 

でも強くなるのは口臭だけではありません。

 

実は「口臭と同じ臭い」が身体中から出ているんです。

 

お酒を飲むとなぜ体臭が出てしまうんでしょうか。

 

 

お酒の飲み過ぎで起こる体臭の原因

 

「アセトアルデヒド」が原因の体臭

 

 

「アセトアルデヒド」という物質は
お酒が肝臓で分解されることで発生します。

 

通常「アセトアルデヒド」はさらに分解され
尿として体外に排出されることに。

 

しかしお酒を飲みすぎたり肝臓の調子が悪い場合
肝臓での分解がうまくいかず
アセトアルデヒドが血液に流れ込んでしまうことになるんです。

 

 

これが大きな問題!

 

血液は身体中を巡るため、汗腺に到達し
汗と一緒に体外に排出されると
強い体臭を発してしまうんです。

 

アセトアルデヒドが肺に到達すると
呼気と一緒に体外に出て
「酒臭い」と言われる口臭に。

 

アセトアルデヒドは1日近く体内に留まるため
飲んだ次の日も体臭に悩まされることになるんです。

 

 

ちなみに二日酔いの原因もアセトアルデヒド。

 

アセトアルデヒドは
「口臭」「体臭」「二日酔い」の
トリプルパンチをかましてくれるんす。

 

 

発汗による体臭

 

 

アルコールを飲むと顔が赤くなって体が熱くなりませんか?

 

アルコールには血管を拡張させて
体温を上げてしまう働きが。

 

体温が上がると体は「体温を正常な温度」に戻すために
汗を分泌させます。

 

 

さらにアルコールは汗腺自体を活性化させてしまうため
さらに汗をかいてしまうことに。

 

汗は「体臭のもと」

 

汗自体は無臭なのですが
汗が雑菌に分解されると臭いを発生させてしまいます。

 

通常より多くの汗をかいてしまい
雑菌にたくさんの汗を分解されてしまうため
お酒を飲んだ時はいつもより汗臭くなってしまうんですね。

 

 

皮脂の過剰分泌による体臭

 

 

アルコールの過剰摂取は皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。

 

お酒を飲んでいると顔がテカってくるのは
このためなんですよ。

 

皮脂が「酸化」するととても不快な臭いを出してしまうことに。

 

そして皮脂も「雑菌の餌」となるため雑菌に分解されることでも
体臭を発生させてしまいます。

 

 

最後に

 

 

お酒が原因の様々な体臭が混ざることで
より強烈な臭いを出してしまっているんです。

 

飲み過ぎは体に良くないのはわかっていましたが
体臭まで発生させているんですね。

 

「お酒をやめてください!」

 

とは言いませんが楽しくお酒を飲むためにも
体臭対策はしっかりおこなっていきましょう!

 

⇒ トップページへ戻る