キムチを食べ過ぎると体臭が臭くなる原因

マジで?キムチを食べ過ぎると体臭が臭くなる原因とは?

 

キムチ、好きですか?

 

美味しいですよね。

 

お酒のアテにそのまま食べても最高ですし
「キムチ鍋」や「キムチチャーハン」などアレンジしても・・・

 

よだれが出てきますね。

 

 

でも!

 

「食べ過ぎは禁物です!」

 

キムチの食べ過ぎは
「強い体臭」の原因になってしまうんです。

 

キムチだけでなく香辛料を使った料理全般は
体臭を強くしてしまうんですよ。

 

 

キムチが体臭を強くしてしまう理由

 

味覚性発汗

 

 

汗が体臭の原因になっているのはご存知ですよね。

 

分泌された汗が雑菌に分解されて
匂いを発生させてしまいます。

 

ですから汗の量が多いほど
たくさん雑菌に分解されて体臭を強くしてしまうんです。

 

 

キムチなどの辛いもの・刺激の強いものを食べると
汗をたくさんかいてしまいますよね。

 

これは「味覚性発汗」といって
香辛料などの刺激によって汗腺が活発に働くために出る汗。

 

刺激の強いものを食べると体温が上昇するため
「体温を適正な温度に戻す」ために
身体中の汗腺から発汗するんです。

 

この刺激によってかいた汗が雑菌に分解されることによって
体臭が発生してしまうことに。

 

 

香辛料が発生させる匂い

 

 

香辛料を消化するときに発生させてしまう
「亜硫酸ガス」は血液に溶け込んで身体中を巡ってしまいます。

 

そして全身から排出されて強く臭ってしまうことに。

 

 

ニンンクの匂い

 

 

キムチにはニンニクも入っています。

 

ニンニクは口臭として「吐く息」から臭うだけでなく
体からも匂いを発生させてしまうんです。

 

 

匂いの原因はニンニク・玉ねぎ・ニラなどに含まれる
「アリシン」という成分。

 

このアリシンってすごく匂いの強い成分なんです。

 

「アリシン」を摂取すると
アリシンは血液に溶け込んで身体中を循環することに。

 

そして汗と一緒に体の外に排出されると
きつい匂いを発することになるんですよ。

 

 

このアリシン、体の中にとどまっている時間が
すごく長いんです。

 

だからキムチなどニンニクを使った料理を食べると
次の日も臭いっていうことになってしまうんですね。

 

 

まとめ

 

 

香辛料の入った食べ物は
「刺激による発汗」と「亜硫酸ガス」が原因で
体臭がきつくなってしまいます。

 

キムチは香辛料だけでなく
ニンニクの「アリシン」の臭いが加わるため
体臭がより強くなってしまうんですね。

 

大事な会議やデートの前は
キムチを控えた方が無難です!

 

⇒ トップページへ戻る