カレーを食べすぎると体臭が臭ってしまう理由

これは意外!カレーを食べすぎると体臭が臭ってしまう理由

 

みんな大好きカレーライス。

 

僕は今までカレーが嫌いな人に
出会ったことがありません。

 

 

そんなみんなに愛されるカレーですが
実は体臭を強くしてしまう可能性が
あるってご存知ですか?

 

カレーをたくさん食べると
なぜ体臭が強くなってしまうんでしょうか?

 

 

カレーが体臭の原因になってしまうのはなぜ?

 

 

カレーが体臭を強くしてしまう原因は
「スパイス」にあるんです。

 

 

消化の際に出るニオイ

 

 

スパイスを消化する際に発生する
「亜硫酸ガス」という物質。

 

この「亜硫酸ガス」が汗と一緒に体外に排出されると
強い体臭となってしまうんです。

 

 

「アポクリン腺」への刺激が原因の体臭

 

 

汗を出す「汗腺」には
「アポクリン腺」「エクリン腺」の2種類あり、
ワキガ臭の原因となるのは「アポクリン腺」です。

 

アポクリン腺から分泌される汗は無臭なんですが
雑菌に分解されると強いニオイを発生させることに。

 

カレーにたくさん含まれるスパイスは
「アポクリン腺」を刺激してしまうんです。

 

 

ですからカレーを食べると
ワキガ臭が強くなってしまうんですよ。

 

ワキガじゃない人も注意が必要。

 

実はアポクリン腺って誰もが持っている汗腺。

 

ですから刺激でアポクリン腺の活動が活発になると
「ワキガ臭」が発生してしまうんですよ。

 

 

「味覚性発汗」が原因の汗臭さ

 

 

辛いものや刺激の強いものを食べると
が出ますよね。

 

これは「味覚性発汗」と呼ばれる生理現象。

 

これは刺激によって急激に上がった体温を
下げるための汗なんでよ。

 

 

この時の汗は「エクリン腺」から
分泌されます。

 

エクリン腺から分泌される汗は
雑菌に分解されても
ワキガ臭のような強いニオイはしません。

 

ですが汗の量が多いと
通常の「汗臭さ」がします。

 

カレーを食べてたくさん汗をかくと
汗臭さを発生させてしまうということですね。

 

 

最後に

 

 

カレーは美味しいです!

 

僕も大好きですよ。

 

ですが体臭予防のためには
あまりたくさん食べないほうがいいかもしれません・・・

 

⇒ トップページへ戻る